介護施設非正規社員転職情報情報

愛媛県 介護の取り組み

  • 介護人材の現状と将来推計

    介護人材を取り巻く状況

    愛媛県における平成 25 年度の介護職員数は 25,510 人であり、年間離職率は、全国平均 16.6%に対して本県が 14.7%と若干下回っているものの、採用率は、全国平均 21.7%に対して本県が19.0%にとどまっており、増加率は全国平均を下回っています。

    介護人材の将来推計

    愛媛県で将来必要となる介護職員等の必要数を、県内市町のサービス見込量を基に推計したところ、平成 37(2025)年には 35,808 人となり、平成 24 年の約 1.4 倍となることが見込まれます。
    しかし、採用や離職の現状等から推計した供給数は 32,205 人にとどまることから、差引 3,603人が不足する状況になることが予想されます。

    介護施設非正規社員転職情報

    介護福祉士の専門性と社会的評価の向上

    介護福祉士は、福祉施設の相談援助業務や介護にあたる専門職の国家資格として、指定養成機関により養成されるほか、公益財団法人社会福祉振興試験センターが国の委託を受けて国家試験を実施しています。

    県内には介護福祉士の養成機関が5施設(定員 220 人、平成 26 年4月1日現在)あり、平成26年12月末現在の県内の介護福祉士登録者は 19,776 人となっています。

    また、介護福祉士については、地域包括ケアに対応し、社会的評価の向上につながるよう、専門性を高め、介護職の中核的な役割を担う存在として明確に位置づける必要があります。

    このため、介護福祉士養成施設等の入学者に対し修学資金の貸付を行う介護福祉士等修学資金貸付事業を実施するとともに、離職した介護福祉士の介護分野への再就業が円滑に進むよう、研修や職場体験の実施などの環境整備を進めます。

あなたのやる気をきちんと聞いて全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

1【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。
  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。

一緒に、両立できる就職先を探しましょう。

介護施設と一口に言っても、多くの種類がありますね。
それに、同じデイサービスと言っても、仕事内容はたくさんあります。
先ほど考えた、【1】あなたの希望を叶え、【2】意欲を発揮できる施設はどこでしょうか。

介護施設非正規社員転職情報

高齢化が進み将来性のある仕事です。

日本では今、少子高齢化社会が進み老人福祉施設の建設も多く、民間企業が介護にどんどん参入してきています。

そういう状況なので、ホームヘルパーの求人の割合は他の業種とくらべると高いです。

また、ホームヘルパーの資格は比較的とりやすく、人気があるという話はよく耳にします。

老人福祉施設や居宅支援事業所ではホームヘルパーなしでは成り立ちません。

それだけ需要があり、必要とされています。

都道府県別に有効求人倍率をみてみると東京や神奈川など都市部が高くて、地方が低いです。

やはり地方だと人が集まらないせいかあまり求人が多くないようです。

または地方のお年寄りの方が長生きで元気なお年寄りが多いのかも知れません。

しかし、ほかの業種よりもはるかにホームヘルパー求人は多いですし、これからさらに高齢化が進みますので、将来性のある仕事です。

お年寄りと接することが好きで世話好きの人には向いている仕事かもしれません。

介護施設非正規社員転職情報

介護士パート求人から読み取れること

介護士パート求人に限らず仕事を探す場合には、ネットで求人サイトを調べたり、ハローワークや求人誌などを見て探すという場合が多いですよね。

フリーペーパーや新聞の求人欄をご覧になる方も多いかも知れません。

それらを見ていると、何度も同じ施設や会社などの求人が出ている場合がありませんか?

「これ前もここの求人が出ていた」と日付が過ぎても頻繁に求人募集がされている場合は、その施設などでの離職率が高い可能性もあるようです。

現在、介護職員はどこも人材が不足している状態ですので、資格が無くても働けるという所も少なくありません。

いわゆる「売り手市場」という状態ですから、求人ニーズの方が高い状況で、転職回数が多くても仕事が見つかる状況なんだそうです。


介護職で勤務するという場合、これからも介護施設などで仕事を続けていこうと考えている場合には、介護職員初任者研修を持っている方が良いですね。

またゆくゆくは正社員になりたいという場合には、介護福祉士の資格を持っていると転職などにも有利になってきます。

実際、介護スタッフとして働きつつ、資格取得のための勉強をされている方も多いです。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設非正規社員転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ