介護施設非正規社員転職情報情報

愛媛県 介護の取り組み

  • 介護人材確保の取組み

    愛媛県では、平成37(2025)年を見据え、広域的な立場から、関係団体や事業者等と連携・協働の推進を図り、「多様な人材の参入促進」「資質の向上」「労働環境・処遇の改善」を通じて、「量」と「質」の好循環を進める一体的な取組みを進めます。

    基本整備

    連携強化事業

    介護従事者の確保・定着へ向けた総合的な取組みを実施するため、関係団体(経営者団体、福祉人材センター、介護労働安定センター、職能団体、養成機関団体、その他の教育機関)、労働関係機関、市町、県などで構成される協議会を設置し、連携・協働の推進を図ります。

    人材育成等に取り組む事業所の認証評価制度

    介護事業所の人材育成に対する意識改革を促すため、働きがいと働きやすさに配慮した人材育成や職場への定着支援の取組状況について、事業者の「見える化」を図り、求職者に紹介するとともに、県が、積極的に取り組む優良事業所を認証する認証評価制度を構築します。

    介護施設非正規社員転職情報

    介護福祉士の専門性と社会的評価の向上

    介護福祉士は、福祉施設の相談援助業務や介護にあたる専門職の国家資格として、指定養成機関により養成されるほか、公益財団法人社会福祉振興試験センターが国の委託を受けて国家試験を実施しています。

    県内には介護福祉士の養成機関が5施設(定員 220 人、平成 26 年4月1日現在)あり、平成26年12月末現在の県内の介護福祉士登録者は 19,776 人となっています。

    また、介護福祉士については、地域包括ケアに対応し、社会的評価の向上につながるよう、専門性を高め、介護職の中核的な役割を担う存在として明確に位置づける必要があります。

    このため、介護福祉士養成施設等の入学者に対し修学資金の貸付を行う介護福祉士等修学資金貸付事業を実施するとともに、離職した介護福祉士の介護分野への再就業が円滑に進むよう、研修や職場体験の実施などの環境整備を進めます。

転職サイト登録で希望する求人情報

年々高齢化が進み2025年には4人に1人が75歳以上という超高齢化社会になると言われている日本。

お年寄りのお世話をする介護や福祉の仕事への需要は高まる一方です。

求人情報を見てみると介護士求人はたくさん出ています。

有料老人ホームやケアホームなど介護士の仕事を探すのは難しくはありません。

しかし、せっかく働くのならば安定感のある介護施設の求人を探したいという方も多いです。

市町村が運営している特養ホームや福祉施設の求人情報は介護士求人を専門に扱う転職サイトにも掲載されていますので登録してみるのが得策です。

安定していて退職する人が少ないのが市町村の施設です。

そんな中でも求人が出る場合もありますので日頃から転職サイトに登録をして希望する求人情報が出たらすぐに連絡がもらえるようにしておくと良いでしょう。

介護施設非正規社員転職情報

ホームヘルパーの需要と求人

介護を必要としている人が急増している今日の日本では、ホームヘルパーの求人が沢山あります。

常に需要のある職業です。

ホームヘルパーと言うのは、正式名称を訪問介護員と言います。

都道府県知事の指定する、訪問介護員養成研修の課程を修了した者を通称ホームヘルパーや、ヘルパーと言います。

ホームヘルパーは、日常の生活の中で介護を必要としている家庭に訪問して、介護等のサービスを行います。

ホームヘルパーには1級と2級があります。ホームヘルパー2級資格取得者は、身体介護や家事援助などが行えます。

ホームヘルパー1級資格取得者は、訪問介護事業所において利用者とホームヘルパーとのコーディネートを行う、サービス提供責任者となることができます。

いずれのホームヘルパー求人も常に行われています。

求人は、都道府県の公営の施設から、民間の有料の施設まであります。

就職して仕事をしながらスキルアップが目指せる仕事です。

また、自分の都合を考えながらパートとして働くこともできます。

介護施設非正規社員転職情報

パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設非正規社員転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ