介護施設非正規社員転職情報情報

茨城県 介護の取り組み

  • 茨城県内の在宅介護の現状と課題

    高齢者数の増加や介護保険制度の浸透などを背景に、要支援・要介護認定者数は年々増加している。
    これに伴い、介護給付費の増加が深刻化しており、国は本年4月の介護保険制度改正で在宅介護サービスの利用を促進する方針を強く打ち出した。
    しかし、在宅介護サービスの利用促進にあたっては、介護の中心となる家族の負担の増大に加え、在宅介護サービスを提供する側にも、厳しい労働環境による人材不足などの課題が存在する。
    本号では、在宅介護に関する現状を整理するとともに、ヒアリング調査を通じ、行政や社会福祉協議会、企業やNPO法人などはどのような取り組みを実施しているのか、様々な課題に対しどのような対応を行っているのかなどを探る。
    さらに、県外での取り組みなども踏まえ、望ましい在宅介護のあり方を考える。

    介護施設非正規社員転職情報

    在宅介護の現状

    介護サービス受給者数の状況
    増加する在宅介護サービスの受給者数
    要支援・要介護認定者の増加により、県内でも介護サービス受給者数は増加している。内訳をみると、施設サービスの年度毎の延べ受給者数は00年の12万人から、10年度には23万人と約2倍に増加した。
    一方、在宅介護サービス(居宅介護サービス及び地域密着型サービス)の年度毎の延べ受給者数は、00年度の21万人から、10年度には69万人と3倍以上に増加した。
    また、受給者数、増加率ともに施設サービスの伸びを上回って推移している。
    介護給付費(及び予防給付費)についても、全体では、00年度の617億円から10年度には1,500億円と倍増している。
    うち、在宅介護サービスの介護給付費は、00年度の187億円から10年度には838億円と4倍以上に増加している。
    また、介護サービス全体に占める割合も、00年度の30.3%から10年度には45.5%に上昇している。

    在宅介護事業所の動向
    次に、県内で在宅介護サービスを提供する事業所の動向について整理する。
    デイサービスの事業所が大幅に増加介護保険制度開始後の在宅介護事業所数の推移をみると、デイサービス、訪問介護の事業所数が突出している。
    特に、デイサービスの事業所数は、01年4月の162から12年4月には679と4倍以上に増加している。

    主要な在宅介護事業は民間が主体
    在宅介護サービス別の開設主体をみると、民間(会社)による設立が最も多く56.8%を占めており、社会福祉法人が30.3%で続いている。
    特に、訪問介護及び訪問入浴介護では、6割以上の事業者が民間(会社)となっている。

    事業所の利益率は改善傾向
    全国ベースのデータを用いて、在宅介護事業者の経営状況や事業環境についてみていく。
    08年と11年の在宅介護サービス別の経常ベースの利益率を比較すると、09年度の介護報酬引き上げにより、7業種で利益率が改善している。
    唯一赤字となっている居宅介護支援(介護認定の申請、介護サービス作成の支援)についても、赤字幅が大幅に縮小している。
    個別にみると、11年ではデイサービスが11.6%と最も利益率が高く、以下訪問介護入浴(6.7%)、ショートステイ(5.6%)が続いている。

こんなお悩みは心配いりません!

就職や転職には、不安やお悩みがつきものですよね。
自分一人ではなかなか解決できないことでも、千人のアドバイザーの力を借りることですんなり解決できることもたくさんあります。

たとえば、こんなケースも大丈夫!!

◆条件って言いづらいけど、妥協したくない!

・前職より高い時給で働きたい
・遅番のない職場で働きたい
・同世代の職員が多いところで働きたい
・車通勤OKのところがいい
・土日はしっかり休みたい
・前職の経験を考慮してほしい
・給与の日払いをしてくれると助かる
・週払いでもいい

この他にも、自分が働く上での必要な事もしっかりと確認しておくようにしましょう。

求人の詳細などを見ても簡単な説明しか掲載されていないため、いざ応募してみると「求人内容と違っていた」という事も少なくありません。

そのような事態を防ぐには事前の情報収集が大切ですね。そのためには介護職専門のサイトなどに登録するという方法もあります。

介護職専門の求人サイトなら介護の転職サポートに精通しているので、求人紹介施設の種類も豊富にあり、専任のコンサルタントが求人紹介や面接の調節などサポートしてくれますので、それはメリットといえます


介護施設非正規社員転職情報

サービス提供責任者の仕事内容

サービス提供責任者 とは

【仕事の内容】
在宅において、その方に適切な介護提供が行われているかどうかコーディネートするお仕事

①利用申込の受付・契約に関する相談、調整など
②介護支援専門員の作成したケアプランに基づいて「訪問の計画」を作る
③利用者&家族⇔ヘルパーの調整・管理を行う
④訪問ヘルパーを取りまとめる など

【勤務場所】
訪問介護事業所

【必要な資格】
介護福祉士(国家資格)・実務者研修修了者(厚労省の認定資格)・保健師(国家資格)・看護師(国家資格)・旧介護職員基礎研修(厚労省の認定資格)・旧ヘルパー1級(民間資格) など

介護施設非正規社員転職情報

介護の勉強のために短期バイトを希望するケースも

現代の高齢化に向けて施設などに入れず、在宅介護をしているという家庭もあります。


自分の両親などもいずれは介護を必要とする、また現在介護しているという方も大勢おり、そのような方が介護についての勉強として短期間介護の仕事をするという方もいます。


またその逆に家族の介護経験を活かして、介護の仕事をする場合もあります。


高齢者以外にも介護を必要としている所は多く、介護士が勤務できる職場というのは色々とあります。


・知的障害者施設
・身体障害者施設
・社会福祉施設

など介護士は、多くの場で活躍が出来る仕事でもあります。


短期・単発で介護の仕事を考えているという場合は、介護士求人サイトや人材紹介サービスですと求人案件も多数あります。


週に1日、2日くらいの勤務を希望されている方も、思った以上に希望条件に該当する介護求人が見つかると思いますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。


介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護施設非正規社員転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ