介護施設非正規社員転職情報情報

石川県 介護の取り組み

  • 石川県介護・福祉人材確保・養成基本計画

    少子高齢化の進展や、それに伴うひとり暮らし高齢者の増加などにより、近年、福祉サービスに対するニーズはますます増大し、また多様化しております。
    一方、その担い手は不足しており、例えば、県内の介護分野の有効求人倍率をみても、全産業を大きく上回っております。
    さらに、今後、団塊の世代の方々が後期高齢者となる2025年には、大半の高齢者はお元気であるものの、介護などの支援を必要とする高齢者も増加することが見込まれております。
    一方で、支援の担い手となる15歳から64歳のいわゆる労働力人口は大幅な減少が見込まれるなど、介護・福祉分野を取り巻く環境は大変厳しい状況であります。
    改めて申し上げるまでもなく、「福祉は人なり」といわれるように「人財」なくして福祉の現場は成り立たないことから、行政のみならず、関係者が一丸となり、介護・福祉人材の量と質の両面から確保していくことが喫緊の課題であります。
    また、高齢化社会への対応は地方創生の観点からも必要であり、このような待ったなしの課題に対応していくため、このたび、行政と関係者が問題意識を共有し、今後10年間の中長期的な視点で取り組むべき施策の方向性を示す「石川県介護・福祉人材確保・養成基本計画」を策定いたしました。
    石川県介護・福祉人材確保・養成基本計画では、人材確保と資質向上の二つの視点から、学卒就職者の確保、他分野からの就業促進、潜在介護・福祉人材の再就業促進、就業者の定着促進、職員向け研修の強化、経営者・施設管理者向け研修の強化について体系立てて取り組むこととしております。

    介護施設非正規社員転職情報

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

介護士の求人情報はコチラで

2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測されている中、日本は世界でも高齢化が進んでいます。

そんな日本に必要なのは、介護士です。

今回はそんな介護士求人の求人情報をお知らせします。

では、介護士とはどんなお仕事でしょうか?

元気で長生きなお年寄りが多いとはいえ、その生活にはサポートが必要な場面も多々あります。また、病気でうまく動けない方もいらっしゃいます。

介護士は、そんなお年寄りや病気な方に素敵に暮らしてもらうためのお仕事です。

肉体的にハードな面もありますが、介護をした方に直接お礼を言われることもあります。

それこそがやりがいと言う人もいます。

介護士には、お年寄りを介護する訪問ヘルパーや、病院に勤務する介護士など勤務形態も様々です。

介護福祉士の資格をとることで、より専門的な知識と技術を身につけることも可能です。

多くの介護福祉施設で、介護士の求人しています。求人情報はコチラで確認してみてください。

介護施設非正規社員転職情報

仕事を探す人には大きなチャンス

高齢化が進むにつれ、介護の問題が注目されています。

特に、ケアマネージャーの需要は年々非常に高まっています。

しかしながら、需要に供給がなかなか追いつかない状況です。

こういった問題は、さらに継続すると見込まれており、ケアマネージャーの求人には行政も注目しています。

逆に言えば、仕事を探す人にとっては、大きなチャンスでもあります。

今後さらに需要が見込まれる職場で働くことは、働きがいにも繋がります。

また、最近では、ケアマネージャーの求人を拡大するため、市町村が多くの支援を推奨しています。

求人情報を市町村が支援して広めているところもあります。

もちろん、ケアマネージャーになるためには多くの努力が必要ですし求人情報を見て応募したからといって簡単になれるものではありません。

特に、資格を取得するためには、実務と多くの経験が必要です。しかしながら、しっかりと努力した人には、働きがいと多くのメリットが持たされることは言うまでもありません。

介護施設非正規社員転職情報

介護職派遣求人も豊富にあります

介護職派遣求人をお探しなら、週3日勤務・週4日勤務・土日出勤なし・夜勤なしなどのご希望に合った働き方のできる職場がみつかります。こちらでご紹介している介護士の働き方は、長時間労働・長期勤務だけでなく、短期・単発・派遣といった働き方も選択できるようになっていますので、安心して求人情報をお探しください。


介護施設も介護職派遣求人に積極的です

すぐに正社員になりたいと思っても、未経験から目指すのは難しいと言われています。

それよりも介護職の派遣から始めて、経験を重ねた後に社員登用を目指したり、正社員求人に絞って転職活動を行う方が良いですね。

それに介護職も派遣からスタートすれば介護職の適性を判断しながら職場に馴染んでいきますし、「今後も長く働きたい」と思えば、正社員へのステップアップも本気で考えることができるでしょう。

介護派遣なら短時間勤務しやすいですし、正社員のように夜勤が入らない、残業がない、というメリットもありますね。

育児と仕事の両立を考えていたり、資格取得の勉強に力を入れたい場合など、充分に両立できるのではないでしょうか。

また、以前は別の業界で派遣(一般事務など)をしながらも、「ずっと介護の仕事に興味があり、タイミングが合えば働きたいと思っていた」という方もとても多いんです。

やはり介護は社会的な意義が大きいですし、日本は少子高齢化が進んでいる国ですから、今後ますます介護業界のニーズは高くなります。

高齢者が高齢者を介護する老老介護の問題もありますし、2025年に少子高齢化はピークに達すると言われています。

約4人に1人が高齢者になりますので、今のうちに経験を積むことで、より有利な条件で転職できるのではないでしょうか。

そのためには、早期に介護職に携わり、必要な介護資格を取得していってください。介護職でも派遣であれば時間に余裕がありますので、働きながら介護職員初任者研修を目指しやすいと思います。

将来的に介護福祉士やケアマネージャーを目指すなら、初任者研修ではなく、最初から実務者研修の方が良いでしょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設非正規社員転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ