介護施設非正規社員転職情報情報

香川県 介護の取り組み

  • 香川県の高齢者人口及び世帯の状況

    年齢別に見た香川県の人口

    香川県の人口が平成 12 年から減少に転じている中、生産年齢人口(15 歳~64 歳)や年少人口(0~14 歳)は今後も減少し、高齢者人口は増加すると予測されています。

    特に平成 32 年から平成 37 年には、後期高齢者(75 歳以上)が大幅に増加すると見込まれます。

    香川県の高齢化率(総人口に占める 65 歳以上人口の割合)については、全国平均より高い状況にあり、上昇を続けています。

    圏域別総人口

    総数は減少傾向にあり、平成 22 年と平成 52 年を比較すると、特に大川圏域で 37%減、小豆圏域では 43%減と大幅な人口減少が見込まれています。

    圏域別 65歳以上人口

    いずれの圏域においても平成 32 年までは増加が見込まれます。

    特に高松圏域、中讃圏域の伸びが大きくなることが予測されます。

    圏域別高齢化率

    平成32年には全ての圏域で高齢化率が 3 割超になることが見込まれており、さらに高齢化が進展することが予想されます。

    高齢者のいる世帯の状況

    県内の世帯のうち、高齢世帯(世帯主の年齢が 65 歳以上である世帯)の割合が年々増加すると見込まれており、平成 37 年には全世帯の 3 割が高齢者の単独世帯及び夫婦のみ世帯となる見通しです。

    圏域別に見た香川県の要介護等認定者数

    平成 12 年度と平成 25 年度を比較すると、高松圏域の増加が最も多く約 163%の増加となっています。

    一方で三豊圏域の増加が最も少なく約 85%の増加となっています。

    年齢階層別要介護等認定者の割合

    県内の要介護等認定者は、要介護 1、2 の割合が多くなっていますが、どの要介護度においても後期高齢者が 8 割以上を占めています。

    介護サービスの利用と住まい

    自立高齢者は「介護が必要になっても自宅や地域に住みたい」が 4 割を超えており、要介護等認定者は、「自宅や地域で介護サービスを利用したい」が 6 割近くを占めています。

    一方、自立高齢者で「介護が必要になったら施設入所したい」が 20.2%、要介護等認定者で「施設に入所したい」が 16.1%です。

    施設入所を希望する理由として、自立高齢者、要介護等認定者ともに家族の事情による施設入所希望が大きな割合を占めています。

    高齢化社会で重要だと考える方策

    自立高齢者、要介護等認定者ともに、「健康づくりや介護予防」が重要だと回答した人が最も多く、また、「介護サービスの質の向上」、「介護サービス施設などの量的充実」、「地域で支え合う体制の充実」が上位を占めています。

    介護人材の需給状況

    平成24年時点での県内の介護職員数(推計)は、14,596 人であり、介護サービスの将来推計等をもとに、介護職員の需要推計及び供給推計を行ったところ、平成37年には、介護職員が約 2,500 人不足することが予想されます。

    介護施設非正規社員転職情報

    質の高い介護・福祉人材の確保

    【課題】

    ○今後、ますますの介護ニーズの増加及び多様化が見込まれる中、利用者のニーズに的確に対応できる質の高い人材の安定確保が重要です。

    ○介護保険の理念である自立支援に向け、各種の地域資源に精通するとともに、さまざまなネットワークを活用し、利用者の心身の状況等に適したケアプランを作成できる介護支援専門員 37 をさらに増やす必要があります。

    ○他業種への人材流出も懸念される中、賃金水準等処遇改善とともに、将来の担い手である若者に「選ばれる業界」への転換や、介護分野への女性や高年齢者等の就労の促進等、人材の安定確保に向けた取組みを一層推進する必要があります。

    【施策の展開】

    質の高い介護・福祉人材の養成

    介護・福祉サービス従事者等の人材養成
    介護福祉士・社会福祉士
    養成施設をはじめ関係機関と連携を図りながら養成・確保に努めるとともに、資格取得後の教育機会の充実を促進し、資質の向上に努めます。
    県内の介護福祉士・社会福祉士養成施設の学生に対する修学資金貸付を実施し、修学及び資格取得の支援に取り組みます。
    また、介護福祉士国家試験受験対策のための代替職員確保事業等により、介護福祉士の資格取得の支援に取り組みます。

    介護職員
    施設、在宅を問わず介護に従事するための共通の研修として、介護職員初任者研修を実施し、サービスの質の向上を図ります。
    介護職員が施設等で喀痰吸引等の医療行為を安全に行うため、知識と技術を修得するための研修を実施します。

    介護支援専門員・主任介護支援専門員
    利用者のケアマネジメントという介護保険制度の中核的役割を担う介護支援専門員について、資格の取得や更新の際に研修を行い、資質の向上を図ります。
    介護支援専門員に対して指導的な役割を担う主任介護支援専門員について、養成研修を行うとともに、その活動を支援します。

    医師・歯科医師・薬剤師
    地域包括ケアシステムの構築のため、介護・福祉分野にも精通した医師・歯科医師・薬剤師の確保を図り、医師会・歯科医師会・薬剤師会等関係団体の協力を得ながら、さまざまな機会を通じて、必要な知識等の習得を促進します。

    保健師・看護師・准看護師
    地域包括ケアシステムの構築のため、保健師の計画的な確保を支援するとともに、資質の向上を図ります。
    また、県看護協会等と連携して看護師等の確保を図るとともに、訪問看護等に関する研修等を実施して資質の向上に努めます。

    管理栄養士・栄養士
    地域や施設等で、高齢者の低栄養状態の予防・改善のために行う「栄養ケア・マネジメント39」を担うことから、研修の充実等により、必要な技能の習得を促進します。

    歯科衛生士
    高齢者等の歯科保健医療ニーズに対応できる、幅広い知識・技能を有する歯科衛生士の養成及び確保に取り組みます。

    理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
    リハビリテーションや在宅ケアの需要の増大が見込まれることから、養成機関と連携しながら人材の確保と資質の向上に努めます。

介護職は、今後もニーズが高まる仕事です。

人口の逆ピラミッドからも分かるように、今後は介護職はなくてはならないものであり、どんどん需要が増えていくことでしょう。
また、介護職に携わっていれば資格や技能も活かせますし、長く続けるほど、資格が増えキャリアアップが図れます。

せっかくの転職ですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設に就職・転職したいですよね。
ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、多角的にみて就職・転職先を見つけるのは困難です。

一度コチラを覗いて見る事をおすすめします。

介護施設非正規社員転職情報

ケアマネージャー転職情報【最新版】

ケアマネージャーとして働きたい!
でも、就職や転職・再就職の時には、「うまくいくかな」「いい職場で働けるかな」「この職場に決めてしまって大丈夫かな」など、誰でも迷ったり不安になったりするものですよね。

そんな時はあなた1人で悩んでいるよりも、転職求人のプロに直接アドバイスしてもらった方がうまくいくことが多いのでオススメです。

転職求人のプロに、あなたの転職活動をサポートしてもらってみてはいかがでしょうか?

きっと、あなた1人で探すよりも、希望の条件にピッタリの転職先が見つかります。

プロのアドバイスを受けながらの転職活動なら、高待遇の転職も十分可能です!
介護施設非正規社員転職情報

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設非正規社員転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ