介護施設非正規社員転職情報情報

京都府 介護の取り組み

  • 京都府介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    代替職員の確保等による研修機会の確保

    ○現任職員を多様な研修に参加させるため、研修受講中の代替要員を確保【基金】
    ○代替要員向けに介護職員初任者研修等の必要な研修の実施【基金】

    ⇒●研修受講中の代替要員を認証事業所に優先派遣、自ら処遇改善を行う事業所へ誘導し、定着を支援。
    (離職率は4%台と府平均15.6%を大きく下回る結果)

    エルダー・メンター制度の導入支援による早期離職の防止

    ○きょうと福祉人材育成認証制度において、OJT指導者やプリセプターの設置、研修の実施を認証の基準とし、事業者への研修等を通じて支援

    ⇒●認証事業者の増加を通じて、福祉業界全体のボトムアップ

    雇用管理改善の推進 (介護ロボット導入支援やICTの活用 等)

    ○環境改善等促進事業(人にやさしい介護支援機器プロジェクト事業)の実施【基金】
    ※事業所に「介護職場環境改善アドバイザーチーム」を派遣

    ⇒●多角的・中立的な視点から、職員の負担軽減等、効果的な職場環境の改善

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○宣言事業所への支援として、給与制度や労務管理に関するコンサルティングを実施
    ○各認証事業所の状況に応じた職員向け処遇改善・スキルアップ等につながる事業の実施支援
    ※研修・セミナーの実施、職場環境改善コンサルティング、資格取得支援等

    ⇒●職員の早期離職防止、定着率アップ

    介護施設非正規社員転職情報

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

介護士の資格を持った人の需要が高まってます。

これからますます高齢化社会に進んでいく日本では、介護士の資格を持った人の需要が高まっていくことが予想されます。

しかし中にはあまり待遇がよくない職場で働いている人もいるようなので、これだけ働いているのに、こんなに安い給料では納得できないという人があれば、思い切って転職を検討することをおすすめします。

どの市町村でも、介護士を求めている介護施設は多いので、ひとつのところで無理に働き続ける必要はありません。

市町村の介護士の求人の最新求人情報を知りたいときは、インターネットを利用するとよいので、時間があるときに探してみるようにしましょう。

市町村にある各施設の窓口に、直接求人情報を問い合わせることも出来ますが、時間がかかって面倒なので、パソコンやスマートフォンを使って、介護士求人情報サイトをチェックした方が簡単です。

複数の施設の待遇を比較することも出来るので、最初から条件の良い職場を選んで面接を受けたい方におすすめです。

介護施設非正規社員転職情報

ケアマネージャーの資格をお持ちなら

将来、きっとお世話になる老人介護施設や、介護の認定などに携わる重要な仕事のケアマネージャーの資格をお持ちなら、ケアマネージャーの求人で仕事を探しませんか。

人材不足が懸念されている状況で、多くの居宅介護支援事業所で、ケアマネージャーの増員を図っています。

利用者様の都合に合わせて動くから、土日がお休み、残業なしはなかなか難しい仕事ですが、極力、都合に合わせてくれる事業所もあるから、ケアマネージャー求人を探すなら都道府県別の施設で検索してください。

一人では不安だというなら、複数人が在籍する事業所のケアマネージャーの求人を探すこともできるから安心です。

せっかく就職した先では、長く勤めたいのは誰しも思うものです。

面接時に、しっかり話を聞いて、自分の希望も伝えておきましょう。

後で言っておけばよかったと思うのは遅いので、自分の希望は事業所に伝えておくべきです。

都道府県別でケアマネージャーの求人が探しやすいから、働きたい地域がきっとみつかります。

介護施設非正規社員転職情報

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設非正規社員転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ