介護施設非正規社員転職情報情報

三重県 介護の取り組み

  • 三重県介護の具体的な取組内容(参入促進 )

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○介護や介護の仕事に関する魅力発信や理解促進のための講演会、イベント等の開催【基金】

    ⇒○若者から中高齢者等、様々な層への理解促進、イメージアップによる参入促進

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○学生やその保護者、教職員を対象に、介護の魅力や資格情報等を発信するセミナー等を実施
    ○介護福祉士養成施設の教員が小学生やその保護者を対象に、介護体験や知識を学ぶ機会を提供【基金】

    ⇒○将来の介護の担い手である学生と保護者の理解促進

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

    ○地域の元気なシニア世代を対象に、介護に関する基礎的な研修や職場体験を実施 【基金】

    ⇒○シニア世代の参入促進

    その他の「参入促進」の取組

    ○若者やシニア世代、他業界からの参入希望者への介護職員初任者研修の受講支援【基金】

    ⇒○介護未経験者の参入促進

    介護施設非正規社員転職情報

    介護支援専門員の資質向上等

    現状と課題

    ○介護や支援が必要な方が可能な限り住み慣れた地域で、その人らしい、自立した生活を送るためには、多様なサービス主体が連携して支援できるよう、適切にケアマネジメントを行うことが重要です。介護支援専門員はその中心的な役割を担い、介護保険法に基づいてケアプランを作成する専門職です。
    三重県では、介護支援専門員の養成に努めています。

    ○介護支援専門員として業務を行うには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格して一定の研修を受け、介護支援専門員として登録することが必要です。
    2006(平成 18)年4月の介護保険制度改正により、5年ごとの介護支援専門員証の資格更新が義務づけられ、更新のための研修のほか、キャリアに応じた研修制度が創設されました。三重県では、これらの研修の実施主体となり、介護支援専門員の資質向上に必要な研修を養成段階に応じ体系的に実施するとともに、介護支援専門員の資格管理を行っています。

    ○三重県では、2010(平成 22)年度までに 7,814 人が試験に合格し、7,792 人が登録されています。しかしながら、2010(平成 22)年度までの更新対象者 5,346 人の内、更新・登録した者は、約 3,000 人とおおよそ 6 割に止まっています。
    今後、要介護高齢者の増加が予想され、それに対応するためには介護支援専門員の確保が必要な状況となっています。

    ○今後の増加が予想される医療依存度の高い利用者に対して、適切なケアマネジメントのできる介護支援専門員の養成が必要となっています。
    しかしながら、試験合格者の基礎職種別構成割合では、介護職を基礎資格とする介護支援専門員が多く、医療職は少ないという傾向があります。

    ○三重県では、介護支援専門員の各研修について、一定のレベルと統一的・体系的な研修内容を確保するため、介護支援専門員資質向上研修検討委員会を設置(2010(平成 22)年 4 月)し、研修階層に応じた到達目標や指導ポイント等、三重県版の基本指針を 2011(平成 23)年度に策定しました。

    県の取組

    ○介護支援専門員は、介護保険制度の根幹をなす重要な役割を担っており、引き続き必要な人材の養成を行うとともに、体系的な研修の実施により、資質向上に努めます。

    ○介護支援専門員資質向上研修検討委員会で策定した県の基本指針に基づき、研修の企画・立案、研修の実施、評価、その後の研修への反映といったPDCAサイクルを構築し、研修の実効性を確保していきます。

    ○医療ニーズに対応し、医療と介護の連携を実現できる人材を養成するため、医療知識や医療との連携方法など、医療系の研修課目の必須化を図ります。

    ○要介護高齢者等に対し地域で包括的な支援を実現していくため、2014(平成26)年度までに主任介護支援専門員の登録数を 776 人(2011(平成 23)年度末 566 人)とすることを目標に養成していきます。さらに、研修の充実、フォローアップ研修等の実施により介護支援専門員の資質向上を図ります。

希望を叶える好条件・好待遇の介護求人情報

転職・就職活動に行き詰ってませんか。 介護職のお仕事探しが、早く・楽にできる情報があります!

10年後には4人に1人が高齢者になるといわれています。

現在も、これからも介護のお仕事は増える傾向にあります。

これから介護業界の環境がどんどん見直されていきます。

介護職への転職・就職に追い風が吹いてきます。

このような介護業界への転職・就職ですから、10年後、20年後を見据えて、自分のキャリアアップにつながるような就職・転職したいですよね。

ですが…

◇これから10年、20年先を見据えた働き方って??

◇自分の理想や希望にあった介護施設はどこ?? 

◇自分の資格はどこで活かせる??

◇これからどんな資格をとればいい??

◇働きながら資格が取れる介護施設は??

など、1人で考えてもなかなか先へ進まず、時間がかかるばかりです。

もし、介護職への転職・就職でお悩みをお持ちなら、介護職の求人が豊富なサイトの求人情報をご覧になることをお勧めします。

しかも、介護業界で最大級の転職支援サイトでは、専任のエージェントがあなたの悩みを解決し、最も適した介護の求人を紹介してくれます。

完全無料で、登録はカンタン30秒!

最短3日でお仕事を開始できるかもしれません。

◆1日でも早く就職・転職したい方

◆少しでも好条件・好待遇の求人をお探しの方

に特におすすめです。

介護施設非正規社員転職情報

福祉住環境コーディネーターの仕事内容

福祉住環境コーディネーター とは

【仕事の内容】
高齢者に特化せず、障がい者に対しても暮らしやすい住環境を整備するためのコーディネートを行うお仕事

①高齢者本人と、その家族の住環境に対し、相談にのり、アドバイスを行う
②ケアマネや工務店、ご利用者さまとの仲介役として連携し、具体的に改善方法を提案し、調整を行う
③施工立会い
④住宅改修の理由書作成 など

【勤務場所】
工務店、福祉用具レンタル店 など

【必要な資格】
福祉住環境コーディネーター(民間資格)

介護施設非正規社員転職情報

介護の勉強のために短期バイトを希望するケースも

現代の高齢化に向けて施設などに入れず、在宅介護をしているという家庭もあります。


自分の両親などもいずれは介護を必要とする、また現在介護しているという方も大勢おり、そのような方が介護についての勉強として短期間介護の仕事をするという方もいます。


またその逆に家族の介護経験を活かして、介護の仕事をする場合もあります。


高齢者以外にも介護を必要としている所は多く、介護士が勤務できる職場というのは色々とあります。


・知的障害者施設
・身体障害者施設
・社会福祉施設

など介護士は、多くの場で活躍が出来る仕事でもあります。


短期・単発で介護の仕事を考えているという場合は、介護士求人サイトや人材紹介サービスですと求人案件も多数あります。


週に1日、2日くらいの勤務を希望されている方も、思った以上に希望条件に該当する介護求人が見つかると思いますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。


介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護施設非正規社員転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ