介護施設非正規社員転職情報情報

宮崎県 介護の取り組み

  • 宮崎県の具体的な介護取組内容(労働環境の改善)

    エルダー・メンター制度の導入支援による早期離職の防止

    ○介護事業所等の中堅職員やチームリーダーを対象に、OJTスキルを学び、マネジメント能力やコーチングスキルを身につけるための研修を実施【基金】

    ⇒●①OJTスキル基礎研修受講者:200人
    ②OJTスキル実践研修受講者:200人

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○働きやすい職場づくり等についてのフォーラム及びセミナーを開催し、介護職員の離職防止に努める【基金】

    ⇒●①職場定着推進フォーラム参加者:250人
    ②離職防止環境整備セミナー参加者:100人

    介護施設非正規社員転職情報

    宮崎県の具体的な介護取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○介護職員等を対象に、自らキャリアパスを描き、その段階に応じて求められる能力を習得させるための研修を実施【基金】
    ○医師の指示の下に、適切にたんの吸引等が実施できる介護職員等を養成【基金】
    ○認知症高齢者の介護実務者及び指導的立場にある者に対し、介護技術の向上と適切なサービスの充実を図るための研修を実施【基金】
    ○高齢者が日頃より受診する診療所等のかかりつけ医や一般病院の看護師等医療従事者に対し、適切な認知症診療やケア等に関する研修を実施【基金】
    ○認知症サポート医研修受講費用の助成等により、市町村に設置する認知症初期集中支援チームの立ち上げ支援を実施【基金】
    ○市町村に設置される認知症初期集中支援チーム員及び認知症地域支援推進員に対する研修支援を実施【基金】
    ○地域包括支援センターにおいて、適切な介護予防マネジメント及び介護予防支援が実施できるよう研修を実施【基金】

    ⇒●①キャリアパス初任者コース受講者:250人
    ②キャリアパス中堅職員コース受講者:250人
    ●①指導者伝達講習の受講者:90人
    ②介護職員等の喀痰吸引等研修の受講者:160人
    ●①認知症対応型事業者向け研修
    ②小規模多機能型サービス向け研修
    ③認知症介護指導者フォローアップ研修
    ●①かかりつけ医認知症対応力向上研修:70 人
    ②病院勤務の医療従事者向け研修:200人
    ●認知症サポート医養成:毎年10人程度
    ●県内市町村における認知症の施策の推進
    ●県内地域包括支援センタ-69カ所における適正な介護予防の実施

    その他の「資質の向上」の取組

    ○認定介護支援専門員が県内の居宅介護支援事業所を訪問の上、個別に相談及び助言に応じ、その活動によって得られたケアプランの適正な作成事例等をHPに掲載【基金】
    ○地域包括支援ネットワークの構築やケアマネジメント機能の総合的な強化等を支援するとともに、高齢者虐待の防止、成年後見制度の活用などの権利擁護について支援を実施 【基金】

    ⇒●訪問対象:216事業所
    ●権利擁護に係る地域包括ケアシステムの機能強化
    ○市町村に設置する生活支援コーディネーターについて、養成・活動支援及び担い手となる主要団体に対する普及啓発等を行うことにより、多様な主体による生活支援・介護予防サービス体制の立ち上げ支援を実施【基金】
    ○市町村が主体となって地域づくりを踏まえた住民主体の通いの場の創設やリハ職の活用などを通し、介護予防事業の効果的な展開を総合的に支援する【基金】
    ⇒●生活支援コーディネーターの養成:150人(3年間)
    ●介護予防事業の推進

保有資格と求人の詳細

ご存知の通り、介護の現場は「介護保険法」に従い運営されていますので、実務経験が長くても、適性(性格上向いている)があっても法で定められた資格要件を満たしていないとその業務に就くことができません。
重大な法律違反になってしまいます。
自分を守るため、そしてキャリアUPのためにも改めて『介護の資格』について理解しておきましょう。

保有している資格ごとに求人検索することもできます。


・ヘルパー2級
・ヘルパー1級
・介護職員基礎研修
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士
・介護支援専門員
・社会福祉士
・社会福祉主事任用
・精神保健福祉士
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・看護師
・准看護師
・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師
・介護事務
・医療事務
・その他・無資格

30秒程度のカンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!


介護施設非正規社員転職情報

ケアマネージャー求人のデマンド

少子高齢化が進行するにつれ、巷では介護の課題が話題にされます。

近年、特筆してケアマネージャー求人のデマンドはとても高まっています。

しかしながら、求人情報に供給が非常に追いつかない実況があります。

この課題は、今後継続すると見込まれておりケアマネージャー不足には各市町村も危惧するところです。

逆に言えば、職業を探し出したいと思ってる方は大きなチャンスです。

今後、デマンドが見込まれる介護施設で勤めることは、働く者の充実感にも繋がります。

また、近頃ではケアマネージャー求人を浸透させるため、市町村が率先して求人情報を公開するなど、たくさんの支援を推進しています。

当然、ケアマネージャーになるためには、たくさんの尽力が不可欠ですし容易になれるものではありません。

資格を獲得するためには、実務とたくさんの体験が不可欠です。

もちろん、しっかりと尽力した方には、ケアマネージャーという資格と充実感、そしてたくさんの利点が持たされることは言うまでもありません。

介護施設非正規社員転職情報

介護士・登録へルパーの求人情報は、ハロワだけにあるのではない!?

ハロワにはない好待遇の求人ってどこにあるの?

  • 【転職支援サイト】
    介護の転職や就職を応援する会社が運営する転職支援サイトには、ハロワにはない情報があり、かつ専門のエージェントがサポートしてくれるので、早くお仕事を始めたい方におすすめです。


  • 【介護の求人検索サイト】
    求人サイトには、ハローワークにはない介護士や登録ヘルパーの求人情報が多く掲載されています。
    一人で求人情報を見て、転職・就職したい方におすすめです。

  • 2つ同時に登録、利用可能です。
    今すぐに転職をしたい訳ではない方も、ご心配なく。
    求人情報だけ見たいので登録したい・・という方も安心して登録してください。
    情報は広くたくさん集めましょう。


人気の【介護の求人検索サイト】

  • 介護士の3人に1人、約50万人の会員が利用する国内最大級の介護求人検索サイトはご存じですか。

    登録ヘルパーや常勤ヘルパーの求人、パートの介護士の求人や正社員の介護士の求人が豊富にあります。
    お近くの介護施設でどんな求人があるのか、待遇やお給料がいくらかをしっかり検討してから、働き方を決めたほうが後悔がありません。

    【求人の探し方】
    ①希望の雇用形態 (正社員、パート)
    ②持っている介護関連の資格 
    ③住んでいる地域(希望勤務地)
    を入力して、情報のやり取りに必要となるメールアドレス、パスワード(ご自分の好きなワードで大丈夫です)を入力するだけ!!

    ハロワには無い、サイト限定求人3万件を見ることができます。


  • 人気の【転職支援サイト】

  • 働き方について介護職専門のエージェントい相談して、後悔のないお仕事探しをしたいかたはこちらがお勧めです。

    ・スタッフ・施設長の雰囲気
    ・現場でしか知りえない情報

    などの細かいことを知っている転職のプロ”があなたに合った介護施設を探してくれます。

    登録ヘルパーとして働く方がいいのか、常勤のヘルパーとして働く方がいいのか、あるいはパート介護士として働いた方がいいのか、正社員として働いた方がいいのか・・迷っている方はご相談してください。

    あなたが思っているよりも、もっといい条件や高待遇での働き方ができるかも知れません。

    【ハロワの求人票からは分からない情報の入手の仕方】
    ①登録フォームより、無料会員登録
     → 電話かメールにて介護専任エージェントから連絡がくるので、詳細な希望条件等を相談
    ②希望条件を元に求人案件の紹介
     → 気に入れば応募、気に入らなければ再リサーチをしてもらう。
    ③気に入った介護施設への応募・面接のセッティング
     → 面接準備・対策をコンサルタントと一緒にすすめる
    ④コンサルタントと一緒に面接 
     → 内定・お仕事スタート


    面接が不安な方も大丈夫。
    面接が決まったら、「転職成功の秘訣」レポートが皆さんに贈呈されます。
    また、専任エージェントとの面談では、面接対策について相談もできます。

  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


    介護施設非正規社員転職地域別情報

    他の介護施設を見る!

    このページの先頭へ