介護施設非正規社員転職情報情報

宮崎県 介護の取り組み

  • 宮崎県の具体的な介護取組内容(労働環境の改善)

    エルダー・メンター制度の導入支援による早期離職の防止

    ○介護事業所等の中堅職員やチームリーダーを対象に、OJTスキルを学び、マネジメント能力やコーチングスキルを身につけるための研修を実施【基金】

    ⇒●①OJTスキル基礎研修受講者:200人
    ②OJTスキル実践研修受講者:200人

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○働きやすい職場づくり等についてのフォーラム及びセミナーを開催し、介護職員の離職防止に努める【基金】

    ⇒●①職場定着推進フォーラム参加者:250人
    ②離職防止環境整備セミナー参加者:100人

    介護施設非正規社員転職情報

    宮崎県の具体的な介護取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○介護職員等を対象に、自らキャリアパスを描き、その段階に応じて求められる能力を習得させるための研修を実施【基金】
    ○医師の指示の下に、適切にたんの吸引等が実施できる介護職員等を養成【基金】
    ○認知症高齢者の介護実務者及び指導的立場にある者に対し、介護技術の向上と適切なサービスの充実を図るための研修を実施【基金】
    ○高齢者が日頃より受診する診療所等のかかりつけ医や一般病院の看護師等医療従事者に対し、適切な認知症診療やケア等に関する研修を実施【基金】
    ○認知症サポート医研修受講費用の助成等により、市町村に設置する認知症初期集中支援チームの立ち上げ支援を実施【基金】
    ○市町村に設置される認知症初期集中支援チーム員及び認知症地域支援推進員に対する研修支援を実施【基金】
    ○地域包括支援センターにおいて、適切な介護予防マネジメント及び介護予防支援が実施できるよう研修を実施【基金】

    ⇒●①キャリアパス初任者コース受講者:250人
    ②キャリアパス中堅職員コース受講者:250人
    ●①指導者伝達講習の受講者:90人
    ②介護職員等の喀痰吸引等研修の受講者:160人
    ●①認知症対応型事業者向け研修
    ②小規模多機能型サービス向け研修
    ③認知症介護指導者フォローアップ研修
    ●①かかりつけ医認知症対応力向上研修:70 人
    ②病院勤務の医療従事者向け研修:200人
    ●認知症サポート医養成:毎年10人程度
    ●県内市町村における認知症の施策の推進
    ●県内地域包括支援センタ-69カ所における適正な介護予防の実施

    その他の「資質の向上」の取組

    ○認定介護支援専門員が県内の居宅介護支援事業所を訪問の上、個別に相談及び助言に応じ、その活動によって得られたケアプランの適正な作成事例等をHPに掲載【基金】
    ○地域包括支援ネットワークの構築やケアマネジメント機能の総合的な強化等を支援するとともに、高齢者虐待の防止、成年後見制度の活用などの権利擁護について支援を実施 【基金】

    ⇒●訪問対象:216事業所
    ●権利擁護に係る地域包括ケアシステムの機能強化
    ○市町村に設置する生活支援コーディネーターについて、養成・活動支援及び担い手となる主要団体に対する普及啓発等を行うことにより、多様な主体による生活支援・介護予防サービス体制の立ち上げ支援を実施【基金】
    ○市町村が主体となって地域づくりを踏まえた住民主体の通いの場の創設やリハ職の活用などを通し、介護予防事業の効果的な展開を総合的に支援する【基金】
    ⇒●生活支援コーディネーターの養成:150人(3年間)
    ●介護予防事業の推進

こんなお悩みは心配いりません!

就職や転職には、不安やお悩みがつきものですよね。
自分一人ではなかなか解決できないことでも、千人のアドバイザーの力を借りることですんなり解決できることもたくさんあります。

たとえば、こんなケースも大丈夫!!

◆条件って言いづらいけど、妥協したくない!

・前職より高い時給で働きたい
・遅番のない職場で働きたい
・同世代の職員が多いところで働きたい
・車通勤OKのところがいい
・土日はしっかり休みたい
・前職の経験を考慮してほしい
・給与の日払いをしてくれると助かる
・週払いでもいい

この他にも、自分が働く上での必要な事もしっかりと確認しておくようにしましょう。

求人の詳細などを見ても簡単な説明しか掲載されていないため、いざ応募してみると「求人内容と違っていた」という事も少なくありません。

そのような事態を防ぐには事前の情報収集が大切ですね。そのためには介護職専門のサイトなどに登録するという方法もあります。

介護職専門の求人サイトなら介護の転職サポートに精通しているので、求人紹介施設の種類も豊富にあり、専任のコンサルタントが求人紹介や面接の調節などサポートしてくれますので、それはメリットといえます


介護施設非正規社員転職情報

ホームヘルパー急募情報

求人情報を見てみると福祉業界は他の職種よりも求人数が多いです。

また求人情報には、数多くのホームヘルパーの求人が載っています。

それだけ需要があり、ホームヘルパーの資格があると就職や転職に有利になります。

また高齢化が進む中で、地域ごとに質の高い介護を提供出来るような社会を目指しています。

どの地域でも老人福祉を支えるうえで、ホームヘルパーは重要な役割を果たしています。

実際にお年寄りの家庭に出向き、買い物サービスや食事介助、排せつ、入浴をサポートします。

また老人福祉施設における食事介助、排せつ、入浴サポートなどさまざまな分野で活躍しています。

やはり、お年寄りと話すことが好きな人やお年寄りとコミュニケーションをとるのがうまい人がむいています。

ホームヘルパーの求人を見て、「わたしも働きたい」と思う人はぜひやってみたほうが良いと思います。

いろいろな人から感謝されるとてもやりがいのあるお仕事です。

介護施設非正規社員転職情報

パート勤務するメリット

  • ご主人や子供と向き合う時間を持てる!

    お母さんは家庭の太陽でなければなりません。ご主人も子供も、外では気を使い、責任感を果たしてくたくたになって帰ってきます。家庭が充電場所になっていることが大事です。
  • 子供の成長に合わせて、労働時間を変えられる!

    子供が大きくなると、お仕事できる時間が変わってきます。土日も部活や塾に行き始めると、その間お仕事できるかもしれませんね。
    もっと大きくなると、お母さんがお仕事に行っててもちゃんとお留守番ができるようになります。そうなると、パート勤務ではなくて正社員としてお仕事できるようになるかもしれません。
    その時は、パート勤務で培った経験や知識を活かしてキャリアアップが図れます。
    今はそのための準備期間でもあります。


    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、などを多角的・総合的に見る目を持っているのは、転職のプロです。
    自分1人で、多角的・総合的に検討するのは困難です。
    プロの力を借りて、スピーディにパート勤務をスタートさせるのがおすすめです。

    介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


    介護施設非正規社員転職地域別情報

    他の介護施設を見る!

  • このページの先頭へ