介護施設非正規社員転職情報情報

長崎県 介護の取り組み

  • 長崎県福祉・介護人材育成確保対策等事業

    福祉人材、中でも介護職員の人材不足が叫ばれて久しい。
    その要因として、介護ニーズの増大と少子化があげられる。
    その対策として多様な取り組みがなされている。インドネシアなど外国人の介護福祉士、看護師も日本で資格を取得して、就労しているが、実効ある解決策には至っていない。
    国は、様々な福祉・人材確保対策を実施し、介護職員の確保に努めているが、介護人材の不足は一向に解消しない。国は同時に、潜在的有資格者の掘り起こし事業も展開し、資格を有しながらも活用していない人を福祉現場に呼び込む取り組みも行っている。
    介護福祉士有資格者の登録者数は、984,931人(平成23年11月30日現在)に達した。
    しかし、介護福祉士の資格を活かして、介護や生活相談員、介護支援専門員、サービス提供責任者等として福祉施設に就労している介護福祉士は、約40万人と言われている。
    一方、介護職員として就労している人数は約140万人である。
    ホームヘルパーや資格を有しない介護職員も多く、人材不足とともに質の高い介護職員の養成が求められている。
    有能な有資格者を再度福祉現場へ呼び込むねらいがある一方で、有能な介護職員の養成が急務となっている。
    本学介護福祉専攻では、以上のような国の方針に沿って長崎県福祉・介護人材育成確保対策等事業として平成21年度~平成23年度に以下の研修を実施した。
    (平成21年度分については、既報告済であり、概略を再掲する。
    今回は平成22年度、平成23年度分を報告)

    潜在的有資格者等養成支援事業

    目的

    本事業は、資格を有しながら福祉・介護サービスに就業していない介護福祉士等の潜在的有資格者に対する再就労のための研修や、高齢者、主婦層等の知識・能力を活かして福祉・介護分野への参画を目的とする。

    事業内容

    1)潜在的有資格者再就労支援事業
    2)高齢者等参画支援研修団塊世代や主婦層の知識・能力を活かして、福祉・介護分野への参画を進めるための研修を実施する。
    3)福祉・介護サービスチャレンジ教室
    4)障害者就労支援研修
    5)キャリアアップ支援研修
    6)その他人材確保に資する研修として長崎県が認めた研修

    キャリアアップ支援研修

    福祉・介護人材の確保が喫緊の課題となっている。
    今後ますます増大する福祉・介護ニーズに対応し、質の高いサービスを確保する観点から、福祉・介護分野の育成に取り組んでいる。
    その一環として、本研修では、職員のキャリアアップや資質の向上並びに福祉・介護人材の安定的確保を図ることを目的として開催する。

    介護施設非正規社員転職情報

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

介護職員とケアマネージャーの確保

少子高齢化社会が問題とされている現在ですが、それに伴い介護に対する問題も増えてきています。

夫婦共働きの家庭が増える中で、家にご老人を1人で置いておくというのは不安が残りますよね。

1人暮らしの老人も増え、孤独死などの問題も増えてきています。

そうした問題が増えてくる中、各都道府県では介護施設を多く建設しています。

介護職員の人材不足も叫ばれていますが、ケアマネージャーの求人も施設の増加に伴い増えていっています。

施設が増えるのはいいことなのですが、介護職員はもちろん、その利用の架け橋となるケアマネージャーも必要とされています。

介護福祉施設では介護職員の求人と並行し、ケアマネージャー求人にも力を入れているわけです。

これから高齢化がますます進む中、介護福祉施設の増設だけでなく、介護職員、ケアマネージャーの確保とまだまだ課題が残されているようです。

逆をいえば、その方面の仕事を目指している方には、今後活躍の場が増えるということになります。

この機会に介護員、ケアマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。

介護施設非正規社員転職情報

ホームヘルパーの需要と求人

介護を必要としている人が急増している今日の日本では、ホームヘルパーの求人が沢山あります。

常に需要のある職業です。

ホームヘルパーと言うのは、正式名称を訪問介護員と言います。

都道府県知事の指定する、訪問介護員養成研修の課程を修了した者を通称ホームヘルパーや、ヘルパーと言います。

ホームヘルパーは、日常の生活の中で介護を必要としている家庭に訪問して、介護等のサービスを行います。

ホームヘルパーには1級と2級があります。ホームヘルパー2級資格取得者は、身体介護や家事援助などが行えます。

ホームヘルパー1級資格取得者は、訪問介護事業所において利用者とホームヘルパーとのコーディネートを行う、サービス提供責任者となることができます。

いずれのホームヘルパー求人も常に行われています。

求人は、都道府県の公営の施設から、民間の有料の施設まであります。

就職して仕事をしながらスキルアップが目指せる仕事です。

また、自分の都合を考えながらパートとして働くこともできます。

介護施設非正規社員転職情報

こんな時は無料サポートがオススメ

  • 未経験だけど介護の仕事を始めたい
  • 初心者だけど希望どおりの転職がしたい
  • はじめての転職で不安がいっぱい
  • 今より条件のいい職場に転職したい
  • 人間関係のいい職場で働きたい
  • 少しでも給与アップを狙いたい
  • 休日や定時後にしっかりプライベートな時間を確保したい
  • 今の職場を円満退職できるかどうか心配

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護施設非正規社員転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ