介護施設非正規社員転職情報情報

奈良県 介護の取り組み

  • 奈良県介護の具体的な取組内容(参入促進)

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○県内の福祉・介護事業所の先駆的な取り組みをしている事業所を紹介する動画及びホームページを作成【基金】
    ○中学生、高校生に対し、福祉施設・事業所の職員が福祉・介護の仕事の魅力・やりがい等を伝えるセミナーの実施【基金】

    ⇒●セミナーの参加者 年間200名以上

    その他の「参入促進」の取組

    ○学生等に対し、施設・事業所等の見学、利用者や事業所職員との交流の実施【基金】
    ○学生等に対し、施設・事業所等に派遣し、職場体験を実施【基金】

    ⇒●就業希望者40名以上の参加
    ●就業希望者150名以上の参加

    介護施設非正規社員転職情報

    福祉・介護事業所取り組み

    事業目的

    人手不足と言われている福祉業界で、福祉・介護人材の確保、事業所のよりよい環境づくりを構築する為に、県内の福祉・介護事業所の仕事内容や先駆的取り組み事例などをホームページの動画等で紹介。

    ・学生や一般県民に対して:
    福祉・介護の仕事を正しく知ってもらうことにより、福祉・介護職への参入促進を図る。

    ・福祉・介護事業所に対して:
    他事業所の事例を参考にしてもらうことにより、事業所サービスの質の向上を図る。

    ホームページについて

    県サーバー内に新たなホームページを立ち上げて、今回作成する動画の掲載や介護・福祉人材の確保に関する様々な情報を発信する。

    動画について

    福祉・介護の仕事について全体像を知ってもらうとともに、福祉・介護事業所における先駆的な取り組み等をしている事業所を取材し、その紹介動画を作成する。(約 5 分×5 本)

ホームヘルパー・ケアマネージャーてどんなお仕事?

ホームヘルパーとケアマネージャーは、どちらも介護・福祉業界の仕事です。

介護保険法によって介護が必要になった方に、介護サービスプランを作成し、適したサービスを受けられるよう取りまとめるのがケアマネージャー(介護支援専門員)であり、職に就くには実務経験を経た上で都道府県の実施する試験に合格する必要があります。

一方ホームヘルパーは、そのケアマネージャーの作成したサービスプランを実行する仕事。訪問介護を行ったり、施設での介助をします。これまでは講座を受講することで資格を得ることができましたが、2013年度より講座受講後の筆記試験が必須となりました。

介護施設非正規社員転職情報

資格を有効活用するチャンス!

現在日本は高齢化社会に突入していて、介護分野の仕事の数が非常に増えてきている状況となっています。

介護分野の仕事はお年寄りの方や障害者の方に対してサービスを行う仕事ですから、行政も介護職員の数を確保しようと懸命に力を入れている状況となっています。

ケアマネージャーの求人も非常に多くなってきていて、各自治体でもケアマネージャーの求人情報の数を増やしている状況となっています。

ケアマネジャーの仕事は介護に関するプランを立てるとても大切な仕事でありますので、多くの有能なケアマネージャーを確保しなければならず、これが市町村の介護サービスの重要な問題となっています。

よって求人情報も非常にたくさん出されていて、現在ケアマネージャーの資格をお持ちなら好条件の転職・就職が可能になっています。

資格を有効活用するならば現在は最適な状況です。

介護施設非正規社員転職情報

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設非正規社員転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ