介護施設非正規社員転職情報情報

滋賀県 介護の取り組み

  • 滋賀県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    小規模事業所の協働による研修支援

    ○研修等を自ら実施することが困難な小規模事業所について複数事業所の合同研修によるキャリア開発を行う【H27は未実施】
    ○複数の小規模事業所で連携・協力し、集合研修や・職員交流会を開催【H27は未実施】

    ⇒●事業所単独では困難な人材育成とネットワーク形成

    エルダー・メンター制度の導入支援による早期離職の防止

    ○ブラザーシスター育成研修会、ブラザーシスターフォローアップ研修会の開催【以下、基金】
    ○ブラザーシスター成果報告会
    ○ブラザーシスター支援員巡回相談支援、ブラザーシスター支援員会議の開催

    ⇒●新人職員の定着促進

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○新人職員のモチベーション向上や職員同士の交流促進のための入職前セミナー開催【基金】
    ○経営者の意識改革にための労務管理セミナーの開催【基金】
    ○介護従事者に対し、職場のストレスや対人関係の悩み等を社会福祉士が個別相談や訪問相談を実施【基金】
    ○職場環境改善アドバイザーの派遣により、事業所における研修体系の構築や、賃金改善・休暇制度の充実をはかる【基金】
    ○新人職員のための合同入職式を開催【基金】

    ⇒●新人職員の定着促進
    ● 職場環境改善や職員のモチベーションアップによる離職防止

    介護施設非正規社員転職情報

    滋賀県介護の今後の取組

    京都式地域包括ケアの実現、医療・介護・福祉サービスの一体的提供に向けて、推進機構の機能を十分に活用しながら次の事業展開を図ります。

    ■過疎地域における安定的な介護サービスの提供に向けた人材確保や仕組みづくりの取組や、「いきいきサロン」などのニーズに応じた高齢者の集い場づくりといった、地域の実情に応じた施策を積極的に展開する市町村や、専門的見地から事業展開を図る推進機構の構成団体等に対して、自由度の高い地域包括ケア総合交付金制度で支援します。

    ■その際、推進機構の機能を活用して、市町村や推進機構の構成団体が展開する事業について、計画段階から積極的に関与し、重複や効率性などのチェックを行うとともに、評価・分析に加え成功事例の収集と情報発信を行います。

    ■各分野の専門家を推進機構からスーパーバイザーとして困難事例や専門的知識を要するケースに派遣し、現場の伴走型サポートを推進します。

    ■京都府全域で展開する広域的な仕組みづくり(在宅療養あんしん病院登録システムなど)を推進するとともに、その定着と安定的な継続実施を支援します。

高待遇の求人情報

介護施設転職情報の中でも条件のいい高待遇の求人情報は、非公開求人となっていることがほとんどです。
カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報が入手できます!



介護福祉施設では特に人材不足で売り手市場が続いています。

例えば、

●介護施設の現場で働きたい。

●訪問介護の求人を探している。

●賞与が年2回ある介護施設を探している。

●サービス付き高齢者向け住宅で働きたい。

●希望休が出せる介護施設に勤めたい。

●介護付有料老人ホームで働きたい。

●ホームヘルパーの仕事がしたい。

●夏期休暇が有る施設に勤めたい。

●契約社員で介護の仕事がしたい。

●デイサービスの求人を探している。

●小さい子供がいるので日勤のみを希望。

●駐車場完備で車通勤のできる施設に勤務したい。

●ケアマネージャーのキャリアを活かしたい。

●研修制度のしっかりした施設でスキルアップしたい。

●土日休みの施設に転職したい。


他にもあなたの希望があると思います。

条件にあった就職をお考えなら、求人情報の詳細を是非確認してみてくださいね。

介護施設非正規社員転職情報

ケアマネージャー求人のデマンド

少子高齢化が進行するにつれ、巷では介護の課題が話題にされます。

近年、特筆してケアマネージャー求人のデマンドはとても高まっています。

しかしながら、求人情報に供給が非常に追いつかない実況があります。

この課題は、今後継続すると見込まれておりケアマネージャー不足には各市町村も危惧するところです。

逆に言えば、職業を探し出したいと思ってる方は大きなチャンスです。

今後、デマンドが見込まれる介護施設で勤めることは、働く者の充実感にも繋がります。

また、近頃ではケアマネージャー求人を浸透させるため、市町村が率先して求人情報を公開するなど、たくさんの支援を推進しています。

当然、ケアマネージャーになるためには、たくさんの尽力が不可欠ですし容易になれるものではありません。

資格を獲得するためには、実務とたくさんの体験が不可欠です。

もちろん、しっかりと尽力した方には、ケアマネージャーという資格と充実感、そしてたくさんの利点が持たされることは言うまでもありません。

介護施設非正規社員転職情報

パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設非正規社員転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ