介護施設非正規社員転職情報情報

栃木県 介護の取り組み

  • 栃木県介護人材の現状

    介護人材を取り巻く現状は、団塊の世代が後期高齢者となる 2025 年に全国で約 37.7 万人の介護従事者の不足が推計されており、本県においても、約 6,800 人の不足が見込まれている。
    こうした中、国では、介護ニーズの量的・質的拡大が見込まれる 2025 年に向けて、介護人材を量と質の両面から確保するために、様々な施策を国と地方の二人三脚で総合的かつ計画的に進めていくこととし、都道府県における「参入促進」「資質の向上」「労働環境・処遇の改善」の取組を支援している。
    栃木県の高齢者人口は、今後も増え続けることに伴い、要支援・要介護認定者数や認知症高齢者数も増加する見込みである。
    また、県内の就業介護福祉士数は増加している一方、介護福祉士養成校の入学者数は減少している。
    さらに、介護職員の離職率は全産業に比べ若干高い傾向にあり、人材の確保・定着が課題となっている。

    介護施設非正規社員転職情報

    栃木県の介護事業所規模による分析

    ①規模別
    職員数 300 人以上を大規模、50人以上 300 人未満を中規模、50人未満を小規模とした場合の構成比率は、おおよそ大規模2割、中規模5割、小規模3割となる。
    ②規模別×法人種別
    規模別×法人種別の構成比率を見ると、大規模事業所は民間企業と社会福祉法人が 4 割ずつ、中規模事業所では社会福祉法人が 6 割以上、小規模事業所では民間企業が6割以上となる。
    ③サービス種別
    サービス種別によって事業所を施設系と居宅系に分類した場合、「施設系+居宅系」の事業所が6割、「居宅系のみ」が4割となる。
    ④規模別×サービス種別
    規模別にサービス種別の構成比率を見ると、中?大規模事業所では「施設系+居宅系」が 7割以上を占めるのに対し、小規模事業所では「居宅系のみ」が7割となる。
    ⑤規模別×人材育成の取組
    取組の種類に関わらず、規模が小さくなるほど未整備・未実施の割合が増えており、育成の取組と事業所規模の間に明確な相関が見られる。
    特に 50 人未満の小規模事業所において、「キャリアパス」は 3 割が整備されておらず、「人材育成計画」、「面談」、「目標達成状況等の評価」等の施策を定期的に実施している割合がかなり低くなっている。

介護士の求人情報はコチラで

2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測されている中、日本は世界でも高齢化が進んでいます。

そんな日本に必要なのは、介護士です。

今回はそんな介護士求人の求人情報をお知らせします。

では、介護士とはどんなお仕事でしょうか?

元気で長生きなお年寄りが多いとはいえ、その生活にはサポートが必要な場面も多々あります。また、病気でうまく動けない方もいらっしゃいます。

介護士は、そんなお年寄りや病気な方に素敵に暮らしてもらうためのお仕事です。

肉体的にハードな面もありますが、介護をした方に直接お礼を言われることもあります。

それこそがやりがいと言う人もいます。

介護士には、お年寄りを介護する訪問ヘルパーや、病院に勤務する介護士など勤務形態も様々です。

介護福祉士の資格をとることで、より専門的な知識と技術を身につけることも可能です。

多くの介護福祉施設で、介護士の求人しています。求人情報はコチラで確認してみてください。

介護施設非正規社員転職情報

高齢化社会に伴う介護施設の重要性

高齢化社会に伴う介護施設の重要性が高まる中、あなたのお住いの近くでも介護施設の増設を進めています。

夫婦共働きが増える現代社会において、介護問題は深刻な問題になっています。

女性の社会進出が進められている背景もあり、新しく建てられる介護施設が多くみられています。

それに伴い介護施設では、介護士求人に力をいれています。

いまやハローワークなどでも介護士求人は多く見られています。

その背景には施設の急激な増加に介護士が不足しているという側面があります。

いま、社会復帰や仕事を探している人には介護士求人がおすすめです。

資格の取得も職場で支援しているところも多くありますし、新しい施設が多いということは、その職場を1からつくることに参加できます。

これはなかなか普通の仕事ではできないことですし、働きながら学ぶことができる介護の特徴とも言えると思います。

男性だけでなく女性にも行うことができる仕事なので、今後介護士求人には注目です。

介護施設非正規社員転職情報

無資格未経験OKの介護職求人募集状況

無資格未経験OKの介護職求人をお探しのあなたに朗報です!
専門資格と経験をお持ちの方の転職はとても有利と言われていますが、介護職員として無資格未経験や初心者の方にもチャンスはたくさんあります。
なぜなら、介護職員には実に多くの職種・就業形態・施設形態があり、常に求められているお仕事だからです。

無資格や未経験での介護職への転職は、とても不安が大きいものではないでしょうか。
介護の現場は経験していくことで仕事を覚えられますので、そこは心配しないでくださいね。
むしろ、最初に職場を決める時がポイントになりますので、じっくりとご自分に合った職場を選ぶようにしましょう。
無資格未経験でも丁寧に指導してくれる介護施設もたくさんありますので、あなたひとりでは見つけられなかった優良施設も「転職支援サイト」のサポートを受ければすぐに見つかると思いますので、おすすめしています。

お近くの介護施設でも多くの未経験OKの求人募集があり、これまでも多くの介護職員未経験・初心者の方が実際に希望の職場を見つけることができています。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設非正規社員転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ