介護施設非正規社員転職情報情報

山梨県 介護の取り組み

  • 地域リハビリテーション従事者研修

    ~事業内容~
    地域リハビリテーションの推進を目指し、保健・医療・福祉・介護の関係者及び市町村の職員に対し、医療介護の連携を始め、地域リハビリテーションの体制を推進するための研修を開催。
    ~事業の実施状況~
    ○地域リハビリテーション従事者研修会の開催
     ・年1回開催:116人参加
    ○各圏域地域リハビリテーション広域支援センター事業により研修会や連絡会議を実施。
     ・研修会:年3回実施
     ・内容:医療・介護連携指針の普及や多職種間のネットワークづくり。
         リハビリテーション専門職の資質向上
     ・地域の連絡会:年2回
    ~事業効果~
    ・地域リハビリテーション従事者研修会では、多職種による地域リハビリテーションの理解や顔の見える関係が構築された。
    ・各地域リハビリテーション広域支援センターの研修会を通し、保健医療介護職員の資質の向上に寄与できた。
    ~方向性・課題等~
    県リハビリテーション支援センターと各圏域地域リハビリテーション広域支援センターとの連携をはじめ、情報を共有する中で、市町村支援を進めていく。

    介護施設非正規社員転職情報

    地域包括ケア推進担当者会議

    ~事業内容~
    ・平成26年度に策定した「健康長寿やまなしプラン」の方針を元に、市町村の第6期介護保険事業計画推進の為の課題や支援について、県の各所属が共有を行い、地域包括ケアシステムの構築に向けた推進を図る。
    ~事業の実施状況~
    ○地域包括ケア推進担当者会議
     ・年4回開催(4回目を 2月に開催予定)
     ・内容:
      ・健康長寿やまなしプランの中の「医療と介護の連携による在宅生活の支援」について県の計画を共有した。
      ・各市町村の在宅医療・介護連携事業の進捗状況についての当課実施の調査、国の調査結果を共有し対策を検討した。
    ~事業効果~
    県の各所属が市町村の地域包括ケアシステム構築に向けての課題を共有し、県の役割分担や市町村への支援の方向性が明確になった。
    ~方向性・課題等~
    ・市町村の課題を共有し、県の役割を果たすための検討の場として必要である。
    ・特に規模が小さい町村、資源が乏しい町村、市町村格差がある圏域などは、個別の支援対策を検討する必要がある。

介護施設転職情報の詳細はコチラ

介護サービスへの転職は、間違いなく売り手市場です!

条件のいい高待遇の介護士転職求人は、非公開求人となっていることがほとんどです。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報を随時案内してくれる「転職サポート」は、介護士の3人に1人が登録済という人気転職サイトです。

介護施設への転職については、1施設ごとの求人数が多いわけではありませんから、募集のタイミングでうまく情報をキャッチすることが希望の介護施設への転職には欠かせません。

介護施設への転職を希望されているのであれば、まず「転職サポートサイト」に登録して、転職に有利になる様々な情報を入手しておいてくださいね。



介護施設転職情報の詳細はコチラ


職種によって仕事の内容が異なるのはもちろんですが、どのような施設で働くかによっても業務は違ってきます。主な施設の種類は以下になります。

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)
・老健(介護老人保健施設)
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)
・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)
・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)
・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)
・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)
・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)
・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)
・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)
・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

介護施設転職情報をこまめにチェックして、希望の転職を実現していきましょう!


介護施設非正規社員転職情報

ケアマネジャー(介護支援専門員)のお仕事

ホームヘルパー、施設介護職、ケアマネジャー、生活相談員など、介護・福祉に関する職種はさまざまあります。職種によって仕事内容が異なりますが、意外と曖昧な理解のまま過ごしてしまっていることも多いようです。
同じ施設で働く仲間がどんな仕事をしているのかを知っておくことで、よりスムーズに業務が進みます。
それぞれ職種によって必要な資格も異なりますので、介護・福祉の主な職種をご紹介します。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは、正式には「介護支援専門員」といいます。

専門的な立場から、「ケアを受ける側」と「ケアを提供する事業者」の間に立ち、個々のケースを理解しつつ諸事情を検討した上で、ケアプランの作成を行います。

事業者によるサービスが適切に提供されているかなども定期的に検証し、必要に応じて見直しを行うなど、いわば介護のコーディネーター的な役割です。

専門知識の他に、簡単な文章や表が作れるようなパソコンのスキル、さらにはご自宅や施設などを訪問する機会が多いので運転免許があれば望ましいです。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得するためには、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、医師、保健師、看護師、作業・理学療法士等の業務従事者、もしくは介護業務従事者として指定日数従事した人が介護保険、保健医療、福祉分野の受講試験に合格して実務研修終了した後に、都道府県から資格登録されてはじめてなることができます。

介護施設非正規社員転職情報

介護職派遣求人も豊富にあります

介護職派遣求人をお探しなら、週3日勤務・週4日勤務・土日出勤なし・夜勤なしなどのご希望に合った働き方のできる職場がみつかります。こちらでご紹介している介護士の働き方は、長時間労働・長期勤務だけでなく、短期・単発・派遣といった働き方も選択できるようになっていますので、安心して求人情報をお探しください。


介護施設も介護職派遣求人に積極的です

すぐに正社員になりたいと思っても、未経験から目指すのは難しいと言われています。

それよりも介護職の派遣から始めて、経験を重ねた後に社員登用を目指したり、正社員求人に絞って転職活動を行う方が良いですね。

それに介護職も派遣からスタートすれば介護職の適性を判断しながら職場に馴染んでいきますし、「今後も長く働きたい」と思えば、正社員へのステップアップも本気で考えることができるでしょう。

介護派遣なら短時間勤務しやすいですし、正社員のように夜勤が入らない、残業がない、というメリットもありますね。

育児と仕事の両立を考えていたり、資格取得の勉強に力を入れたい場合など、充分に両立できるのではないでしょうか。

また、以前は別の業界で派遣(一般事務など)をしながらも、「ずっと介護の仕事に興味があり、タイミングが合えば働きたいと思っていた」という方もとても多いんです。

やはり介護は社会的な意義が大きいですし、日本は少子高齢化が進んでいる国ですから、今後ますます介護業界のニーズは高くなります。

高齢者が高齢者を介護する老老介護の問題もありますし、2025年に少子高齢化はピークに達すると言われています。

約4人に1人が高齢者になりますので、今のうちに経験を積むことで、より有利な条件で転職できるのではないでしょうか。

そのためには、早期に介護職に携わり、必要な介護資格を取得していってください。介護職でも派遣であれば時間に余裕がありますので、働きながら介護職員初任者研修を目指しやすいと思います。

将来的に介護福祉士やケアマネージャーを目指すなら、初任者研修ではなく、最初から実務者研修の方が良いでしょう。

介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。



介護施設非正規社員転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ